カートをみる マイページを見る ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

大豊神社

哲学の道より少しそれ、ノートルダム女学院まで行かずに手前の住宅地のような道を入る。
かつて椿ケ峰天神と呼ばれていた、平安時代887年に建立された大豊神社は背後にある椿ケ峰の山中にあったが、寛仁年間に現在地へ移動したと伝わる古い神社です。



大豊神社 こまねずみ 大豊神社 こまねずみ

大国主命を助けたとの言い伝えにより、
大国社には狛犬の代わりに狛ねずみが鎮座します。

大豊神社のこま鳶 大豊神社こま猿

この他にも、日吉社には鬼門除けの狛猿、愛宕社には火伏せの狛鳶(とび)などが愛らしく鎮座しています。

大豊神社の紅葉 大豊神社 お稲荷さん

稲荷社には商繁昌のお稲荷さん。

大豊神社の椿 大豊神社の櫻

紅葉の名所と言うよりは、椿ケ峰と言われるように、
2月下旬から3月下旬に咲く椿と梅がほころぶ頃がより美しいです。

大豊神社 椿の狛ねずみ 大豊神社 椿と狛ねずみ

椿の花飾りをつけた狛鼠を見られるのもこの頃です。

大豊神社の桜

大豊神社の名にちなんで豊の付く人が好んで参拝するが、
周囲には有名な寺社が点在するため、訪れる人はそれほど多くありません。

京都の穴場、大豊神社 静かでいいところです。

入口の湧き水で癒されてください!!

京都左京区 銀閣寺(慈照寺)のご案内

せっかくですので銀閣寺に行ったときの写真を

何点か載せておこうと思います。

上の写真は銀閣寺の受付へと続く道です。

大変お気に入りの道です!!

向月台(こげつだい)

独創的な形ですね。銀閣寺の名物ですね。

銀閣寺の裏手の山からの風景です。

軽い運動にちょうどいい距離ですから、銀閣寺に

入ったら登ってみましょう。順路通りにいけば

10分程度の散策コースです。

とても風が気持ちいいです!!

京都左京区 銀閣寺(慈照寺)のご案内

銀閣寺(慈照寺)の中庭から撮影。

とっても自然あふれる風景でした。

その風景の中にとてもいい感じに銀閣寺が
存在しています。

銀閣寺というと銀が貼ってあると思う人は
いないと思いますが、有名なのは書院造りですね。

屋根の上には、銀閣に祀られている観音菩薩を守るという意味で、鳳凰が置かれていますよ。

金閣寺、銀閣寺共に、苔寺の瑠璃殿をお手本にして造られたと言われていて、庭も苔寺の庭園を模して造ったといわれていて、池泉廻遊式庭園です。

裏手が山なので、暑い日でも本当に涼しい風が
吹いてきます。

静かなところなので、都会の喧騒を忘れそうに
なりますね。別世界です。

金閣寺とよく比較されますが、両方共に良い
魅力があるので、是非両方廻ってみては
いかがでしょうか?

京都左京区 銀閣寺(慈照寺)のご案内

銀閣寺に行ってきました。

とれも天気の良い日だったので、最高に気持が
よかったです。
むしろ山の中なので寒いくらいでした。

写真は銀沙灘(ぎんしゃだん)です。
実物で見ると写真の100倍はキレイなので
是非実際に見ていただきたいものです。

庭園の西北の隅、方丈(本堂)の南面にある、
ほぼ四角の砂盛りを銀沙灘といいます。
高さ約60センチ。南の部分が大きく湾曲し、
上面には美しい線状の模様の筋が描かれている。
灘(だん)とは、大海原を意味し中国の西湖を
模っているとされています。

光の反射といいますか、とても万丈がキレイに
見れます。おそらく計算されて作られたのですね。

金閣寺とはまた一味ちがう味わい深い大人の
魅力を感じますね。

大文字山(五山の送り火)京都登山のススメ

大文字山

皆様は大文字山に登ったことはありますか?

五山の中では唯一、一般人が登れる山です。

五山とは五山の送り火(右大文字・左大文字・松ヶ崎妙法

・舟形万灯籠・鳥居形松明)のある山のことです。

右大文字山の登山口は銀閣寺の北側のルートが一般的です。

市バス銀閣寺前で降りて、銀閣寺参道を上り、銀閣寺手前を

左に行くと、登山口が現れます。

写真は大文字山の大文字(右大文字)

大の字の中央には大師堂と呼ばれる、弘法大師を祀った小さなお堂があります。

火床は75箇所あります。

※絶対に火床を使ってバーベキューなんかをしないように・・・

歩いて30分〜40分で着くと思われます。
子どもと一緒でも1時間もあれば行けるかと・・・

道も整備されているので、登山されている方も多いのと、
頂上からの景色は素晴らしいです(今後撮影してきます)

春と秋はどこも人が多いと思いますが、比較的空いている
穴場的な場所なので(それでもピーク時は大のところは満員)
一度登ってみてはいかがでしょうか?

冬の哲学の道

哲学の道

先週末の京都は雪でした・・・

今年はとても寒い冬ですね。

全国的にも寒さの厳しい冬とのことで、
特に近畿・中国・四国・九州が平年より寒いようです。

しかし、冬にしかない魅力もあります。雪化粧された
哲学の道や銀閣寺など工房の付近だけでも目を見張る
美しさです。(写真では伝わらないかもしれません・・・)

また冬の魅力といえば、最近ではめっきり少なくなった
ようですが、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツも
よさそうな気がします。
昔ほど混んでいないので、子どもと一緒に出かけてみても
いいかもしれませんね。
雪山は行くのが大変・・・ ということでしたら やはり・・・

京都がおすすめです。
哲学の道や銀閣寺はもちろん、金閣寺や清水寺など
京都には冬がにあう場所が多いのです。
足元に気をつけて、寒さ対策の上、外出してみて冬の
京都を楽しんでください!!

明けましておめでとうございます


工房の中庭

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

2011年元旦、京都は雪でした!!
初詣に行かれた方は大変だったと思いますが・・・
事故や怪我などないことを願います。

久しぶりに見る雪は新鮮ですね!!
良い一年になりそうです。

本年もよろしくお願い致します。



工房の松

今年もあとわずか・・・


中庭の松

クリスマスが過ぎていよいよ年越しの雰囲気になりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

様々なことがあった一年です。
工房でも色々ありました。
一番印象に残っているのはやはり、中国の首相が来日した
際、舞妓ぬいぐるみがお土産として手渡されたことでしょうか。
大変光栄なことと思います。

今年もお店に多くの海外からのお客様が来られました。
ハローキティが海外で愛されていることが実感できます。

今後も京都とハローキティの魅力あふれる商品を作り、
お客様に満足していただけるように努力し続けたいと思います。

来年もよろしくお願い致します。良いお年をお迎えください。

工房を見てみよう

京都・はろうきてぃ工房 店舗内 欄間

工房にはいろんなモノがあります。
工房がオープンする前は 旅館だったと聞いています。
その時の名残も様々なところでみられます。

町屋風の建物で 夏は風がよく通ります。
玄関にも裏庭にも竹があり、その音が涼しげです。
中庭や玄関に水を撒くとなおよしです。
(冬は寒いですが・・・)
 

欄間はオープンしたときに 持ってきたものなのです。
日本家屋というのは共通部分が多いのか、サイズはぴったり。
同じ京都ということで、欄間のサイズは決まっていたのかも
しれませんが。

色々と考えられて造られている日本家屋は魅力的だと思う
今日この頃です。

もう冬ですねー

京都・はろうきてぃ工房の中庭です。

最近は京都も大変寒くなりましたよ・・・

しかしながら、冬の京都というのもいいものです!!

各地の名所も人がすいていて快適、雪が降れば景色も
とてもいいですね。

また食べ物も冬の楽しみの一つでしょうか、
(いつも楽しみですが・・・)
工房の近くでオススメの食べ物屋さんを聞かれます。
雑誌で下調べしている方が多いと思いますが、
「おめん」(うどん、有名です)
「ふろうえん」(定食、量がありおいしいです)
「ラーメンの名所」(多いです)

また、事前予約が必要なお店や価格が高いお店もあり、
下調べは必須ですが、優良なお店が多いのはとてもいい
事だと思います。(歴史のあるお店が多いです)

ファーストフード店や流行りのお店が少ないですが、
京都ならではの食べ物を堪能できるのが銀閣寺エリアの
特徴と言えるので、ぜひ遊びに来て下さいね。